身長促進サプリメントの種類

身長促進サプリメント

身長促進サプリメントはそれを利用すれば確実に身長が伸びるというものではありませんが、子供の成長に必要とされる栄養素を非常に手軽に摂取できるものなので、日々忙しくて栄養バランスを考えた食事を作るのが難しいという悩みを抱えている親御さんにとっては、やはり、十分利用価値のあるものだと思います。

 

身長促進サプリメントには、いろいろなものがありますが、比較的値段がリーズナブルなのは、ロート製薬の「セノビック」です。これは主にカルシウム、鉄、ビタミンDを摂取できる身長促進サプリメントで、ネットでは、味や飲みやすさなどが高く評価されています。公式サイトから購入するのであれば一か月分はたった2000円程度で済みます。

 

配合されている栄養の種類が豊富なのは、「カラダアルファ」という身長促進サプリメントです。これはWHOが推薦している栄養成分の豊富な植物「スピルリナ(藻)」を利用した製品で、「セノビック」とは違い、小さなタブレット状(錠剤型)のものです。カルシウム、たんぱく質、マグネシウム、ビタミンC・K、亜鉛、リン、コラーゲンといった栄養素を手軽に摂取することができます。

 

成長期の子供の体内では作られにくい栄養素であるアルギニンが多く配合されているのは、「Dr.Senobiru」という身長促進サプリメントです。これは粉末状の、水に溶かして飲むタイプのもので、味は子供でも飲みやすい「グループフルーツ」味です。普通の食事からだと豚肉400g以上、あるいは納豆10パック以上でやっと必要摂取量に達するアルギニンを非常に手軽に摂取することができます。

 

 

味が良い、おいしいと評判のサプリメント「セノビック」

 

セノビック

 

必須ミネラルとされているカルシウムは骨や歯の形成に必要なだけでなく、筋肉の収縮をスムーズにしたり、ホルモンの分泌を促したり、免疫機能を正常に保ったりする働きをもつ、からだにとってとても重要な栄養素のひとつ。これがからだに十分な量保たれていないことによって起こる病気には、高血圧や動脈硬化、骨粗鬆症、情緒不安定などがあります。

 

こういった病気を予防するには、日々意識してカルシウムをからだに取り入れる必要があります。カルシウムを含んでいる食品というのはいろいろありますが、そのうちのひとつであるロート製薬の「セノビック」は、牛乳に混ぜて飲むだけという、手間がほとんどかからないものなので、大変おすすめです。

 

セノビック」はネットでの評判が良いだけでなく、すでに800万袋以上の販売実績がある粉状のサプリメントです。とりわけ多いのは、味が良い、おいしいといった評判です。味は「ミルクココア」「いちごミルク」「ヨーグルト」「バナナ」「ポタージュ」の5種類で、入っている成分にも少し違いがあり、「ミルクココア」味には、免疫力の指標となる物質の産生を高める作用がある「オリゴペプチド」が入っていて、「バナナ」・「ポタージュ」味には、吸収が速く、筋肉の組成に優れているといわれている「乳清プロテイン」が配合されています。

 

またほかには、牛乳嫌いの子供でも飲めるのが良いといった評判もあります。このネットでの評判の良い「セノビック」は、公式サイト、楽天、アマゾンのいずれかで購入できますが、最もお得なのは、公式サイトです。そしてオリジナルシェイカーなどの特典がついてきて送料(540円)もずっと無料でお得な定期コースは、公式サイトからのみ申し込み可能です。

 

 

 

>>人気なのにはワケがある?セノビックの公式サイトはこちらです

 

 


セノビックは太るか否か

目薬などの医薬品を作っている会社としてよく知られているロート製薬が開発した成長応援飲料「セノビック」は、子供の成長に必要な栄養素であるカルシウムや鉄をおいしく気軽にとれて良いと評判ですが、基本的にカロリーが高めな牛乳に溶かして飲むものなので、やはり太る(肥満になる)のではないかという心配をする人も少なくないと思います。

 

しかし牛乳は日にたくさん飲むのでなければ太るということに直結するようなものではなく、栄養バランスがよく、腹持ちの良いものであり、ダイエットに向いた飲料としても知られています。間食を控えやすくし、一日の摂取カロリーを総合的に低いものにするのに役立つからです。また脂肪が気になる場合は、低脂肪や脱脂乳を利用する手もあります。「セノビック」は摂取目安が一日たった二杯ですし、その量であれば、太る心配をする必要はまずないといえます。

 

またこういう意味では、「セノビック」はダイエットに取り組んでいる大人の方にもおすすめのものだといえます。すでに述べたようにカルシウムや鉄といった人の健康の維持に必要な栄養素をしっかり摂取でき、余計な間食を避けるのをサポートしてくれるからです。また飲むのに手間がかからず、朝と夜飲めばいいだけなので、たとえ毎日忙しくても、続けるのが難しくないです。

 

この「セノビック」はアマゾンでも販売されていますが、「セノビック」の公式サイトで買う方が割安です。また買い続ける場合は、その都度購入するより、送料がずっとかからずに済む定期コース(公式サイトから申し込み可)にする方がお得です。

 

 

 

↓セノビックの公式サイトはこちら↓

 

 

 

子供の成長と愛情不足

 

愛情不足は、子供の成長に良くない影響を与えるものだといわれています。精神の健やかな発達の妨げとなるだけでなく、食欲不振や睡眠の質の低下の要因ともなるからです。愛情不足によって子供の成長を害さないためには、普段から積極的な会話やスキンシップなどを通して子供に愛情を注ぐようにすることが大事だといわれています。そしてそのうえで注意すべきだとよくいわれているのは、子供を「甘やかす」のではなく、「甘えさせる」ということです。

 

「甘やかす」ようなことをするのは、子供の依存的な傾向を助長するばかりで、子供の心の自立を妨げてしまい、よくないのですが、「甘えさせる」のは精神的な面での子供の成長を促し、人間的、根本的な自立につながるので良いといわれています。「甘やかす」というのはいわゆる「過保護」「過干渉」に当たる行為のことで、お菓子やオモチャを子供が要求するがままに買ってあげたり、服の着替えや食事などの世話を子供が要求する前に全部やってあげてしまうことです。

 

一方、「甘えさせる」というのは、子供が靴紐を結んだり、服のボタンをとめる時などに助けを求めたり、抱擁や添い寝などのスキンシップを求めたりしてきたときに拒まず、優しく受け入れてあげる行為のことです。こうした違いをよく理解し、子供を上手に甘えさせて愛情不足になるのを防ぐことが、子供の成長にとっては、とても大事だといわれています。

サプリメントは場合によっては害になる

仕事、育児、友人付き合いなどの忙しさから食事管理が適当になりがちな現代人に不足しがちな栄養素(ビタミン、ミネラルなど)を手軽に摂取できるサプリメント。携帯するのが容易だったり、カロリーが低かったり、種類が豊富だったりと、メリットはいろいろありますが、もちろん、デメリットもあります。

 

どんなデメリットがあるのかというと、ひとつは、満腹感を得ることはできないということです。満腹感だけでなく、味もない場合がほとんどなので、普通の食事のような楽しみを得ることはできず、そういった意味でのストレス解消、リラックス効果は得られません。そしてその不満足感(不快感)がストレスとなる可能性もあります。

 

もうひとつは、飲みすぎ、頼りすぎになりやすいというデメリットです。サプリメントは配合されている成分が天然のものである場合がほとんどで、食品の一種として扱われているものであり、薬のような副作用の心配がないものという認識は間違ったものだとはいえませんが、だからといって危険性が全くないものと考えるのはよくなく、飲みすぎにはいわゆる過剰症のリスクがあるので、注意が必要です。

 

またサプリメントで栄養をとっているから普段の食事はインスタントばかりでもかまわないのでは?と慢心しまうのはよくありません。栄養バランスの偏った食生活を変えないままではサプリメントに含まれる栄養の吸収も悪くなっていってしまうので、多数の種類のサプリメントをとっていたとしても、長期的には健康状態は悪くなる可能性の方が高いと考えられます。

 

サプリメントの利用価値

 

今はいろんなお店やテレビCMなどで目にする機会も多く、利用していない人にとってもさほど珍しい存在ではないサプリメント。主に不足しがちな栄養を補い、栄養不足による身体不調を予防する目的で利用されるもので、日本においては、食品の一種として扱われています。

 

栄養素というのは食事(生の食材から作った料理)からとるのが最も望ましいのですが、現代では、通信技術の発展・普及などによるライフスタイルの変化(多様化)からレトルト・インスタン食品、コンビニ弁当などの消費が増え、それが難しくなっています。また食材自体の栄養量の低下という問題もあり、普通に生活をしているだけでは、栄養不足や栄養の偏りを避けるのが非常に困難になっています。

 

サプリメントが世に普及し、今日非常に見慣れたものとなっているのは、やはりこうした事情のためだと思います。ある意味、現代において健康な生活を送るためには、選ばざるを得ない手段のひとつとなっているのです。

 

そんなサプリメントのメリットのひとつは、簡単に携帯できるということです。基本的に粒やカプセル(錠剤)状のものなので、プラスチックケースに必要な分だけ入れて、手軽に持ち運ぶことができます。カバンの中でかさばることもなく、出先で都合の良い時に摂取することが出来ます。

 

また天然成分を使って作られているものが多く、副作用の心配のある薬より安心して摂取できるというのも、メリットのひとつだといえます。ただ、適量の摂取では問題のない栄養素であるミネラルやビタミン類といった成分でも一度に大量にとることにはリスクがあり、またそういった栄養素は一度に大量にとったからといって劇的な健康効果がありうるようなものでもないので、そういうことはやはり、しないに越したことはないといえます。

 

ほかには、カロリーが少ないというメリットもあります。肥満や体重増加の心配なく、カルシウム・鉄、ビタミンD・Eといった現代人に不足しがちな栄養素を摂取することができます。

成長ホルモンの分泌と睡眠

「身長を伸ばすホルモン」としてよく知られている成長ホルモン。人間の体内で生成される百種類以上のホルモンのうちのひとつで、脳下垂体と呼ばれるところから分泌され、骨を成長させたり、疲労を回復させたりする役目を果たすといわれています。

 

この成長ホルモンがよく分泌されるのは日中の活動時ではなく睡眠時で、とりわけ分泌されやすいのは寝付いてから二時間くらいまでの時間帯だといわれています。寝不足、睡眠時間の短さは成長ホルモンの分泌を悪くするといわれています。また同じ睡眠時間でも、遅く寝て遅く起きるより早寝早起きをする方が成長ホルモンは分泌されやすいといわれています。

 

つまり、この身長を伸ばす作用をもつ成長ホルモンがよく分泌されるには睡眠を疎かにしないことが大事なわけですが、そのためには、日中の活動をメリハリのある規則正しいものにすることも大事だといわれています。具体的には、朝起きたら朝日をしっかり浴びるようにすることや、適度な運動をすること、ごはんを三食しっかりとることなどです。

 

成長期、あるいは思春期の子供というのは何かひとつのことに夢中になってほかのことを顧みなくなり、生活がメリハリのないものになりがちですが、そういった生活は睡眠の質の低下をもたらし、成長ホルモンの分泌に良くない影響を与えるもので、身長が伸びないリスクを高めてしまうものだといえます。子供の身長を伸ばすためには、親自らもメリハリのある生活を心がけ、子供がそれを自然に模倣するように、普段から会話等のコミュニケーションによって互いへの良い印象を構築しておくことがやはり大切だと思います。